レディー

成人式の写真も撮れる|赤ちゃんから大人へ成長する過程を撮ろう

生まれて初めての記念撮影

ガッツポーズ

生まれた場所でお参りする

お宮参りは新しくこの世に生を受けた子どもにとって大事な行事です。地域によってお宮参りの日は違いますが、一般的には男の子は生後31日、女の子は33日となっています。地域には詳しい高齢者などがいるので、お参りの仕方などを聞いておくとためになります。お宮参りは基本的には生まれた場所の氏神様に詣でることになります。最近は大きな神社を選ぶ人も増えています。大きな神社には結婚式場が併設されているところが多いので、そこの写真館で撮影すると便利です。このような写真館は土日は結婚式で混雑するので、なるべく平日にお参りをする方が良いです。お宮参りは生まれてきた子にとって初めての行事なので、写真も写真館で撮影した方が記念になります。

和装の祝い着で撮影する

お宮参りは両家の両親も一緒に揃って撮影するので、個人用にカメラ撮影してもよいのですが、特別な意味を込めて写真館で記念撮影をします。最初の記念撮影になるので、それをきっかけにして小学校入学、中学校入学などなど記念行事ごとに撮影をしていけば人生の記録になります。何よりも子どもにとっての宝物になるはずです。お宮参りの特徴は服装です。最近は洋装の人も多くなりましたが、昔からの和装にすると良い記念になります。洋装の場合は肌着の上に白いロンパースやベビードレスを着せます。和装の場合は用意するのが大変なので、その時は写真館で用意してもらって撮影時に和装の祝い着をかけるなどの工夫も必要です。また貸衣装屋でも用意できます。